about

オーガニックコーヒー。

ただ単純にこの言葉だけで
選んでるわけでは、ありません。
自分がこだわるのは、オーガニックとティピカ。
オーガニックとは日本語で、「有機の」という意味があります。そして、農薬や化学肥料を使わずに、土中の微生物や落ち葉などの腐植物、農作物の廃棄物、家畜の糞などを活用する農法のことを「オーガニック農法」「有機栽培」といいます。オーガニックコーヒーは、オーガニック農法によって生産されたコーヒーの生豆を使用したコーヒーのことを指します。
そしてティピカとは、最も原種に近い品種。
だからこそ、コーヒー本来の味が楽しめるのです。

そしてその全ての条件に当てはまるのが、
このボリビア産コーヒー豆なんです。

昨今まだまだ野菜にしてもそうですが、形、見た目がいいもの(=農薬を使った農作物)を選ぶ傾向は、否めません。そんな時代だからこそ、本物のコーヒーを選びませんか?

オンラインショップでは、
店頭100g800円で販売しているところ、
200gで100円お得、400gで300円お得
な価格にて販売しております。
さらに、今までは、簡易的な袋だったものを
詰め替える必要もなく長期保存ができる袋に変更しました。そして、一番美味しいと思っている焙煎から3日目以降のコーヒーをたのしんで頂きたいので、作り置きではなく、注文後、焙煎発送という手順を踏んでおります。

皆さまのお手元に届くまで、
どうぞよろしくお願い致します。

最後にお店では、
ボリビアのコーヒー豆を中心に
オーガニックのコーヒーを
一杯ずつハンドドリップで
提供させて頂いております。

ドリンクの
テイクアウト専門店
kagoya coffee
ホームページ↓↓↓
https://kagoyacoffee.amebaownd.com/
愛知県西尾市一色町一色上屋敷97